So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

高尾山・・・他 [ぶら散人]

青春18きっぷを利用して、温泉大好きオヤジ達と高尾山へ行っ
てきました。
JR・高尾駅から京王線で高尾山口駅へ向かいます。
IMG_6046.jpg
IMG_6052.jpg
高尾山薬王院の参道経由でケーブルカー乗場(山麓駅)へ向か
う途中、蕎麦店・飯島屋で「たぬき蕎麦+B」を頂きました。
IMG_6060.jpg
IMG_6057.jpg
私以外は、登山の前なのでBは控えるとの事なので、1人前祝
いになってしまいました。
上りは山頂駅までケーブルカーを利用しました。
IMG_6065.jpg
IMG_6066.jpg
IMG_6069.jpg
IMG_6070.jpg
山頂駅(ケーブルカー終点)の標高は472mです。
IMG_6079.jpg
高尾山山頂の標高が599mなので、127mの登山です。
上りは最もメジャーな1号路(表参道コース)を選びました。
IMG_6081.jpg
登山道は舗装路と石階段で、登山道と言うより参拝路のようです。
IMG_6084.jpg
IMG_6088.jpg
途中に高尾山薬王院があります&立派な寺です。
IMG_6090.jpg
IMG_6094.jpg
IMG_6098.jpg
IMG_6101.jpg
山頂へ着くと、保育園児と思われる集団が、山頂碑の近くでお
弁当を食べてました。
IMG_6110.jpg
小さい彼ら達も自分の足で山頂まで登ってきた事を思うと、感無
量です。
高尾山山頂は、老若男女&インバウンドの人達で大賑わいです。
曇りがちの天候のため、富士山は見えません。
IMG_6106.jpg
IMG_6107.jpg
下山は吊り橋コースである4号路を選びました。
IMG_6116.jpg
ずっと山道で、正に登山の気分です。
途中の吊り橋です。
IMG_6121.jpg
途中中央道と圏央道が交わる八王子JCTが見えました。
IMG_6127.jpg
圏央道は高尾山の真下を通過しております。
下山はケーブルカーを利用せず、リフトで下りる事にしました。
IMG_6134.jpg
IMG_6135.jpg
IMG_6138.jpg
リフト乗車中にポツリポツリと雨粒が落ちてきましたが、高尾山
口駅までは傘いらずでした。
山麓駅には北島三郎の像があります。
IMG_6139.jpg
IMG_6089.jpg
八王子に住んでいることは分かっておりましたが、途中の寄付
の看板といい、この像といい、八王子のシンボルのようです。
(G1も勝ってますね!)
山麓駅近くでは河津桜等が咲いております。
IMG_6144.jpg
IMG_6145.jpg
高尾山口駅からの電車が動き出すと、それと一緒に雨も降って
きました。
次の目的地は、ラーメン大好きY君の希望で、荻窪・春木屋です。
荻窪に着く頃には雨は止んでおりましたが、折角行った春木屋
は定休日です。
全く折角なので、近くの「久保田」でラーメンを頂きました。
IMG_6147.jpg
IMG_6146.jpg
その後、学生時代に通った吉祥寺のJAZZ喫茶を探しましたが、
代替わりになっている店が多く、結局駅近くのハーモニカ横丁で
一杯となってしまいました。
IMG_6155.jpg
IMG_6151.jpg
IMG_6149.jpg
ラーメン⇒酒・・・温泉大好きオヤジ達が次に求めるものは、
温泉です。
蒲田温泉へ行くことになりました。
蒲田駅から1km程度歩いて蒲田温泉へ着きました。
IMG_6161.jpg
IMG_6162.jpg
内部の画像はありませんが、素晴らしい温泉です。
泉色はコーラのような濃い色ですが、臭いはあまり感じられま
せん。
温泉から出た後も、なかなか湯冷めせず本物の感があります。
帰りはグリーン車を利用し、車内でB+チュウハイを頂きました。
IMG_6167.jpg
普通グリーン車の足元は広く、最近飛行機のエコノミークラス
ばかり利用している私は大満足です、
IMG_6169.jpg
今回も楽しく充実した旅でした。
nice!(0)  コメント(0) 

F1シンガポールGP・サーキット散策 [クルマ]

シンガポール旅行の合間にF1シンガポールGPが開催される
マリーナ・ベイ・ストリートサーキットを散策してきました。
SGPコース1.png
マリーナ・ベイ・ストリートサーキットは、全長5.065kmの市街
地サーキットで、20~4コーナ&16~19コーナーのクローズさ
れた区域と一般市街地から構成されており、標高差はほとんど
ありません。
コース状況を把握するため、徒歩にて1周徘徊してきました。
ピット周辺の最寄り駅は、MRTのPromenade駅です。
IMG_5761.jpg
ピット裏
IMG_5764.jpg
ピット裏を通り、1コーナー近くからコースに出たところ、レース時
以外はイベント等の資材置場になっているらしく、特にピット前は
作業中で入れませんでした。
1コーナーよりからピット前を見たところ
IMG_5768Y.jpg
クローズされた区域の舗装も一般の路面と変わらない舗装です。
IMG_5771.jpg
1コーナーへの進入
IMG_5774.jpg
1コーナー
IMG_5777.jpg
内側の縁石は結構盛り上がっております。
IMG_5778.jpg
2コーナー
IMG_5783.jpg
縁石には凹凸があり走行するとダメージがありそうです。
3コーナー
IMG_5785Y.jpg
4コーナー このコーナを過ぎると市街地に出ます。
IMG_5786.jpg
5コーナーまでは若干の上りです。
IMG_5790.jpg
5コーナー 市街地ですが、若干のバンクが付いております。
IMG_5792Y.jpg
IMG_5793Y.jpg
IMG_5794Y.jpg
5コーナー後のストレート
IMG_5796.jpg
6コーナー Pan Pacific Hotelの前を通過します。
IMG_5802.jpg
7コーナー 市街地の十字路です。
IMG_5808Y.jpg
IMG_5813.jpg
8コーナー
IMG_5819Y.jpg
9コーナーの立ち上がり
IMG_5826.jpg
市庁舎前のストレート
IMG_5829.jpg
10コーナーへの進入
IMG_5832Y.jpg
10コーナー ここも若干のバンクが付いております。
IMG_5833Y.jpg
IMG_5837.jpg
11コーナー
IMG_5841Y.jpg
IMG_5845Y.jpg
ここが逆バンクになっており、10コーナーから13コーナーまで
の走りが、14コーナーまでのストレートスピードに影響すると思
われます。
IMG_5846Y.jpg
12コーナー ここから橋を渡った13コーナまでが若干の上りに
なっております。
IMG_5851.jpg
IMG_5856.jpg
13コーナーへの進入
IMG_5860Y.jpg
13コーナー 結構鋭角なコーナーです。
IMG_5861Y.jpg
IMG_5862Y.jpg 
14コーナーまでのストレート
IMG_5865.jpg
IMG_5871.jpg
14コーナー前で下り坂になります。
IMG_5880.jpg
14コーナー
IMG_5881Y.jpg
IMG_5883Y.jpg
14コーナーの立ち上がり
IMG_5884.jpg
15コーナー
IMG_5885Y.jpg
IMG_5888Y-.jpg
16コーナー
IMG_5890Y.jpg
IMG_5892Y.jpg
通常はコンクリート製と思われる壁で遮られております。
ここから、マリーナ・ベイ多目的施設の周辺に入ります。
IMG_5895Y.jpg
17コーナー
IMG_5897Y.jpg
IMG_5902Y.jpg
マリーナ・ベイ多目的施設のスタンド下
IMG_5913.jpg
IMG_5915.jpg
18コーナー スタンドの下を潜ります。
IMG_5918Y.jpg
IMG_5920.jpg
IMG_5922Y.jpg
19コーナー ここからまた市街地へ出ます。
IMG_5930Y.jpg
IMG_5934.jpg
20コーナー
IMG_5936Y.jpg
IMG_5996Y.jpg
ここからクローズされた区域に入ります。
ここにもコンクリート製と思われる壁が設置されております。
21コーナー
IMG_5993Y.jpg
IMG_5989.jpg
IMG_5987.jpg
観覧車と湾の間を走行します。
IMG_5979.jpg
22コーナー
IMG_5977Y.jpg
IMG_5973.jpg
23コーナー
IMG_5964.jpg
IMG_5961.jpg
ピット前のホームストレートへ向かいます。
IMG_5960Y.jpg
IMG_5954Y.jpg
一周歩いてみて、ここコースのポイントは、10コーナーから14
コーナーまでの走りかなと感じました。
ジムカーナ(四輪)&トライアル(二輪)の習性か、コースを歩い
てみると何故か落ち着きます。
今年のF1シンポールGPは、昨年と違った見方が出来そうで楽
しみです。
nice!(0)  コメント(0) 

シンガポールへの旅 [ぶら散人]

旅行の目的は、経済発展著しいシンガポールの現況視察と、F1
グランプリ開催コースの偵察です。
シンガポールへは、成田空港からチャンギ空港へアメリカのデル
タ航空で向かいます。
IMG_5429.jpg
16:55発DL167便を利用して、飛行時間は6~8時間です。
利用ターミナルは、久々の第一ターミナル北ウイング(中森明菜)
です。
IMG_5413.jpg
機内の各座席に画面が設置され、好みの映画or音楽を楽しめ
ます。
IMG_5432.jpg
ちなみに私は、往路で「シン・ゴジラ」&「アニメ・君の名は。」を
鑑賞しました。
往路の機内食です。
IMG_5434.jpg
IMG_5436.jpg
チャンギ空港着陸直前のディスプレイ。
IMG_5438.jpg
IMG_5439.jpg
宿は、バレスティア・ロードのある、クオリティ・ホテル・マーロウ
です。
建物は古そうですが、なかなか品のあるホテルです。
IMG_5470.jpg
IMG_5452.jpg
そしてホテル内へのドリアン持ち込み禁止です。
IMG_5482.jpg
部屋は、プール及びトレーニング室に隣接した部屋です。
IMG_5480.jpg
IMG_5477.JPG
2日目(14:00くらいまで)は、主に旅行会社による市内観光で
す。
マーライオン等シンガポールのメジャーな場所を巡りました。
マーライオン
IMG_5515.jpg
チャイナタウンで昼食です。
IMG_5558.jpg
IMG_5566.jpg
メニューは蒲鉾玉入ラーメンです。評価は中の下ですね。
チャイナタウン近くの高層アパートの洗濯物は、窓から外に出し
ている棒に干されています。
IMG_5572.jpg
IMG_5571.jpg
お見事!
半日観光は、14:00頃オーチャード・ロードにあるDFSで解散
となりました。
解散後、地下鉄(MRT)でマーライオンの対岸にある、マリーナ
・ベイ・サンズへ向かいます。
IMG_5587.jpg
IMG_5588.jpg
IMG_5518.jpg
IMG_6002.jpg
IMG_5608.jpg
マリーナ・ベイ・サンズの中で迷いながら建物の最上部にある
スカイパークへ上がりました。
有料ですが、シンガポールを一望出来る景色は最高です。
IMG_5661.jpg
IMG_5629.jpg
IMG_5667.jpg
IMG_5669.jpg
近代的なビル群と歴史のある街並み、何故か街に調和が感じ
られます。
船の形をしたスカイパークにはプールもあります。
IMG_0425.jpg
マリーナ・ベイ・サンズの中には人口の水路もあり、有料のボー
トも運行しております。
IMG_5621.jpg
夕食はオーチャード・ロードで飲茶です。
IMG_5585.jpg
シンガポールでも沢山のバイクが走っております。
IMG_5467.jpg
IMG_5497.jpg
IMG_5498.jpg
IMG_5499.jpg
変なサイドカーが走っておりましたが、観光地でその正体が分
かりました。
IMG_5486T.jpg
IMG_5509.jpg
凄い色をしたGTRも走ってました。
IMG_5552.jpg
シャコタンのFITも駐車していました。
IMG_5492.jpg
はとバスにもある、オープン2階建ての観光バスです。
IMG_5598.jpg
クルマ・バイク共に比較的綺麗で、日本と同様に感じられました。
また、品のない暴走仕様のクルマ・バイクは皆無でした。
日本の企業も沢山進出しており、日本に居るようです。
IMG_5578.jpg
IMG_5580.jpg
明らかにユニクロのパクリと思われる「メイソウ」
IMG_5753.jpg
3日目、天気は雨です。
MRTの駅まで歩くのが嫌なので、タクシーで出発しました。
タクシーの車種は初めて乗ったヒュンダイです。
IMG_5683.jpg
形はプリウスの様ですが、サスペンションの動きが少しバタバタ
していたように感じられました。
まずセントーサ島へ渡ります。
この頃になると朝降っていた雨が止み、薄日が射してきました。
IMG_5689.jpg
セントーサ島の駅舎近くには、ユニバーサル・スタジオ・シンガ
ポール等があり、若い女性達で賑わっております。
IMG_5749.jpg
IMG_5697.jpg
私達は、シー・アクアリウム(水族館)を訪れます。
IMG_5736.jpg
IMG_5735.jpg
巨大なプールを中心とした水族館ですが、沖縄の美ら海水族
館と比較すると内容が貧弱に思えます。
そして水族館では何故かインド人の人口密度が異様に多いよ
うに感じられました。インド人は水族館が好きなのかな?
昼食は、チャイナタウンのタンジョン・バガーで餃子定食を頂き
ました。
IMG_5754.jpg
IMG_5756.jpg
旅行中ここの昼食が一番美味しかった[ハート]でも、ビールが高かった。
タンジョン・バガーは英国植民地時代の雰囲気が残っておりま
す。
IMG_5532.jpg
IMG_5533.jpg
ここで皆と別れ、1人でF1シンガポールGPの開催コースである
マリーナベイ・ストリートサーキット偵察に向かいました。
SGPコース1.jpg
マリーナベイ・ストリートサーキットは一周5.065kmあり、この
コースを徒歩で歩くことが今回の旅行の目的の一つでもあります。
レースコースは歩いてみて初めて気付く事が沢山あり、今回も沢
山の情報を得ることが出来ました。
マリーナベイ・ストリートサーキットについては、別ブログにアップ
します。
その後友人達とオーチャード・ロードにある伊勢丹の地下で待ち
合わせしました。
携帯電話を使わない待ち合わせは、結構スリルがあります。
集合出来た後、巣鴨にあるミュシュラン☆ラーメン店「蔦」のシン
ガポール支店へ行きます。
巣鴨の店では朝整理券をゲットして、実際食べられるのは午後
からという超有名店ですが、幸運な事に直ぐ着席出来ました。
IMG_5677.jpg
IMG_5674.jpg
感想:超高級なスープに高級なパスタが浸っている・・・・・
凄く美味しいですが、私の理解しているラーメンではありません。
翌朝(深夜)2:40にロビー集合のため、早々にホテルへ戻ること
にしました。
4日目早朝、旅行会社のバスが各ホテルを廻り、4時頃チャンギ
空港へ着きました。
復路は、デルタ航空6:55発DL166便のため、結構時間があり
ます。
空港内のコンビニでパンとオニギリを購入しました。
オニギリは日本の米では無いらしくパサパサしております。
帰りの機内でも「嫌な女」(黒木瞳監督)+1を鑑賞しました。
+1は始まって直ぐ寝てしまったので、なんの映画かも覚えてお
りません。
復路の機内食です。
IMG_6022.jpg
成田空港着陸直前のディスプレイ。
IMG_6032.jpg
IMG_6031.jpg
無事成田空港へ着きましたが、天候は雨です。
IMG_6039.jpg
自宅までの途中で日本のラーメンを頂き、満足満足の4日間で
した。
最後に行った人だけが分かる、妄想写真を載せます。
皆さん妄想して下さい。
IMG_6014.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

福岡・佐賀の温泉etc・・・ [温泉]

いつもの温泉大好きオヤジ達と福岡・佐賀へ行ってきました。
茨城空港からスカイマークで福岡空港へ向かいます。
IMG_5061.jpg
搭乗手続きは自動チェックインです。
IMG_5062.jpg
いつものとおりタラップ利用で機内へ入ります。
IMG_5069.jpg
IMG_5072.jpg
機上から見慣れた施設が確認できます。
茨城空港北IC
IMG_5082.jpg
イオンタウン水戸南
IMG_5083.jpg
茨城県庁
IMG_5089.jpg
ケーズデンキスタジアム
IMG_5090.jpg
素晴らしい富士山
IMG_5099.jpg
近くを飛んでいたANAの飛行機
IMG_5110.jpg
関ヶ原は雪景色です
IMG_5115.jpg
福岡空港へ無事着陸しました。
IMG_5127.jpg
IMG_5136.jpg
最初の目的地は佐賀県にある嬉野温泉です。
福岡空港から予約していたレンタカーで佐賀へ向かいます。
温泉の前に昼食です。
嬉野温泉でやっと見つけた筑豊ラーメン山小屋
IMG_5145.jpg
IMG_5146.jpg
店内に入ると強いとんこつ臭を感じますが、ラーメンはいたって
サッパリ・美味です。
IMG_5144.jpg
ただ、店員の声が大き過ぎて不快感すら感じられます。
1湯目は、「うれしの温泉・百年の湯」です。
IMG_5149.jpg
IMG_5153.jpg
嬉野.png
泉質は、ナトリウム炭酸水素温泉・塩化物泉
2湯目は、武雄温泉元湯です。
IMG_5159.jpg
IMG_5163.jpg
武雄.jpg
嬉野温泉同様透明なアルカリ温泉ですが、泉質の良さが感じら
れます。
次の目的地は、伊万里秘窯の里・大川内山です。
IMG_5179.jpg
IMG_5175.jpg
先ずは、各作家の作品が展示販売されている伊万里鍋島会館
を訪れます。
IMG_5174.jpg
伊万里・有田焼きは磁器で、硬質の魅力があります。
いつもお邪魔している喫茶店のコーヒーカップも伊万里です。
館内に入ると奥の喫茶コーナーから意味の分からない大きな話
声が聞こえます。
インバウンドの方々の話声です。
IMG_5169.jpg
IMG_5172.jpg
会館で気に入った窯を見つけ、その後その窯を訪れます。
冬山窯を訪れ、初伊万里を購入しました。
夕方になってきたので、今宵の宿がある福岡を目指します。
ホテルは大濠公園近くにあり、チェックイン後天神へ向かいます。
屋台を探しましたが、雨天のため2~3軒しかありません。
酒好きの勘で格安飲み屋を探します。
IMG_5203.jpg
勘が反応した店は、中洲にある「酒一番」です。
IMG_5198.jpg
早速生ビールで乾杯後、名物もつ鍋他を注文し、アルコールも焼
酎へ移行しました。
IMG_5185.jpg
IMG_5187.jpg
IMG_5186.jpg
IMG_5191.jpg
良い気持ちになったところで、Kちゃんが調べていた「JAZZ Bar
ブラウニー」を目指します。
IMG_5213.jpg
IMG_5219.jpg
IMG_5226.jpg
数多くのLPがあります。
IMG_5227.jpg
IMG_5235.jpg
締めはラーメン大好きY君が一緒なため、どうしてもラーメンにな
ります。
数少ない屋台を訪れ、ラーメンを頂きました。
IMG_5242.jpg
IMG_5238.jpg
IMG_5239.jpg
ホテルへ戻り、いつものとおり即爆睡です。

翌朝出発まで余裕があったため、ホテル近くの大濠公園を散策
します。
IMG_5245.jpg
IMG_5248.jpg
IMG_5250.jpg
2日目の最初の目的地は「吉野ヶ里遺跡」です。
IMG_5256.jpg
吉野ヶ里遺跡は、弥生時代の大規模な環濠集落跡です。
IMG_5273.jpg
北内郭の案内をしていたお姉さんは、韓国・釜山出身だそうです。
IMG_5275.jpg
IMG_5274.jpg
鳥居は神域と人間が住む俗界を区画する(結界)であり、神域へ
の入口を示すもので一種の「門」です。この鳥居は弥生時代様式
の鳥居で、上部に鳥が飾られています。
IMG_5279.jpg
IMG_5286.jpg
IMG_5288.jpg
IMG_5291.jpg
入口にある鳥居にも鳥が飾られています。
IMG_5299.jpg
昼食は久留米の「丸星ラーメン」です。
IMG_5301.jpg
丸星ラーメンは国道3号線沿いにあり、田中むねよし氏の漫画
「ボルト&ナット」にも度々登場する有名店です。
IMG_5406.jpg
IMG_5409.jpg
道路反対側の駐車場までとんこつ臭が感じられます。
IMG_5310.jpg
IMG_5304.jpg
IMG_5307.jpg
3湯目は筑紫野市にある二日市温泉「博多湯」です。
IMG_5315.jpg
泉質は、弱アルカリ性低張性温泉です。
博多湯.jpg
大宰府天満宮へ寄ります。
IMG_5320.jpg
IMG_5326.jpg
IMG_5327.jpg
IMG_5332.jpg
春節の為か、ここにも多くの中国人観光客が居ります。
参道にある寺田屋で、焼きたての梅ケ枝餅を頂きます。
IMG_5339.jpg
IMG_5337.jpg
帰りの飛行機まで時間があるため、高い所が好きなKちゃんの
要望で福岡タワーへ向かいます。
Fukuoka_Tower_2010-01-18.jpg
ここにも沢山のインバウンドの方々がおります。
エレベータから見たタワー内部
IMG_5343.jpg
展望台からの風景
IMG_5349.jpg
IMG_5350.jpg
その後折角なので、福岡ポートタワーへも寄ります。
IMG_5354.jpg
港には大型客船が停泊してます。
IMG_5358.jpg
中国からかな?
レンタカーを返却し、運転から開放されたため、早速生B1&
カレーを頂きました。
IMG_5371.jpg
出発ゲート近くの椅子で缶B2を頂きました。
IMG_5378.jpg
IMG_5381.jpg
機体準備都合のため、20分遅れで福岡空港を後にしました。
機内で缶B3を購入(つまみ付きで300円)しました。
IMG_5399.jpg
オリジナルキットカットは無料配布されたものです。
茨城空港からはKちゃんの運転で無事帰宅できました。
今回は、二日間でラーメン3杯を頂きました。
Y君とKちゃんは朝長浜まで行き、Y君2杯、Kちゃん1杯のラー
メンを食したそうです。
Y君は、二日間でラーメン5杯、Kちゃんは、ラーメン4杯、O2君
は私と同じで3杯です。
しばらくは、とんこつラーメンとはサヨナラの気分です。
nice!(0)  コメント(2) 

伊東温泉 [温泉]

青春18きっぷを使い、温泉大好きオヤジ達と伊東温泉へ行って
来ました。
IMG_4913.jpg
目的地の伊東温泉の宿は、「伊東園ホテル本館」です。
1泊2食付きバイキング&飲み放題で7800円(税別)の激安ホ
テルです。
今まで伊東園ホテルグループの宿へは3回宿泊しましたが、1勝
2敗で敗北感いっぱいです。
今回の宿は、 伊東園ホテルグループの全てが始まった宿であり、
伊東の伊東園ならとの期待を込めて選択しました。
最初の下車地は上野です。
いろいろ計画もありましたが、雨天と言うことでいつものアメ横へ
GOです。
運良く「大統領」が空いていたので、ビール+モツ煮+その他を
頂きます。
IMG_4786.jpg
IMG_4783.jpg
その後、向かいの「珍々軒」でラーメンを頂きます。
IMG_4790.jpg
IMG_4793.jpg
アメ横を散策
IMG_4797.jpg
東京駅から東海道線で熱海方面へ向かいます。
東京駅で見た珍しい?新幹線の連結
IMG_4801.jpg
熱海止まりで伊東線の発車まで時間があるため、駅の外へ出ま
した。新装の熱海駅です。
IMG_4813.jpg
熱海駅の構内にあった温泉ポスター
IMG_4821T.jpg
伊東線の電車は、JRと伊豆急が相互乗り入れしている為リゾー
ト21(伊豆急2100系黒船電車)です。
IMG_4819.jpg
IMG_4809.jpg
横向き座席の先には海が広がっております。
IMG_4814.jpg
私は、小さなテーブルで持参した酎を頂きました。
IMG_4817.jpg
伊東に着く頃にはすっかり日が落ち、徒歩で伊藤園へ向かいま
す。
IMG_4824.jpg
少し古めかしさはありますが、大きく立派なホテルです。
IMG_4886.jpg
画像は翌朝撮したものです。
松川の橋の上から見た伊東園
IMG_4864.jpg
フロントで宿泊費等を前払いし、部屋に入ると布団が敷いてあり
ます。
先ずは温泉です。露天風呂もある大きく清潔そうな風呂です。
夕食開始の5分前に夕食会場へ行くと、大勢の人が並んで夕食
開始を待っています。
私達も列の最後に加わり開場を待ちますが、なんとなく寂しい気
持ちになるのは私だけでしょうか?
バイキングが始まると、皿を片手に料理の争奪合戦です。
私は、とりあえず空いているコーナーの料理を皿に取り、ビール
に突入する事にしました。
IMG_4826.jpg
ビールの機械は、最近ゴルフ場の飲み放題にもある自動注ぎ機
です。
ビールを飲んでいると、先ほどの争いが嘘のような平穏なバイキ
ングになりました。
また、つまみを取りに行き、ビール耐久レースの始まりです。
コーヒーやケーキもあります。
IMG_4830.jpg
私達が夕食会場を後にする頃には、人も少なく静かな会場にな
っていました。
部屋に戻ると、海岸の方から大きな爆発音が聞こえます。
カーテンを開けると花火が上がっていました。
運良く当日は、冬の花火大会の日です。
IMG_4918.jpg
IMG_0882.jpg
IMG_0883.jpg
IMG_4858.jpg
花火の後テレビを見ていると急に睡魔が襲ってきて、あっという
間の爆睡です。
早く寝てしまったので、翌朝早く起きてしまい、空いた朝風呂を楽
しみました。
部屋に戻ると、バルコニーに鳩がいます。Y君がビスケットをやる
と、2羽の鳩は餌の取り合いです。
IMG_4896.jpg
そこにカモメもやってきました。
IMG_4904.jpg
IMG_4894.jpg
チェックアウト後近くにある「東海館」を訪れました。
IMG_4860.jpg
IMG_4915.jpg
東海館は伊東温泉を流れる松川河畔にあり、昭和初期の温泉
情緒を今に残す木造三階建ての温泉旅館です。
昭和3年(1928)に創業、昭和13年頃(1938)、昭和24年頃(1
949)に望楼の増築など、幾度かの増改築を行いながら旅館業
を営んでおりましたが、平成9年(1997)に、70年近く続いた旅
館の歴史に幕を下ろしました。
その後、所有者から伊東市に寄贈されたそうです。
松川側から見た東海館
IMG_4869.jpg
館内は見学コースが設定されており、当時の雰囲気が感じられ
ます。
IMG_4920.jpg
IMG_4932.jpg
木彫の展示室もあります。
IMG_4929.jpg
見学の後、温泉へはいりました。
IMG_4939.jpg
ここの温泉は、映画テルマエロマエにも出てきました。
IMG_4914.jpg
街中に見覚えのある看板が・・・さんしん、三島信用金庫でした。
IMG_4883.jpg
伊東から熱海への帰りの電車もリゾート仕様です。
IMG_4945.jpg
一番前の車両に乗りましたが、座席が階段状になっており、後ろ
の席からでもパノラマが楽しめます。
IMG_4946.jpg
初島が見えます。
IMG_4879.jpg
東京へ戻り、新橋にある「HOOTERS」へ寄りました。
IMG_4955.jpg
IMG_4962.jpg
IMG_4965T.jpg
IMG_4961.jpg
アメリカ感いっぱいの店です。
その後駅前で、宝くじを購入しました。
IMG_4968.jpg
IMG_4971.jpg
前日雨で行けなかった、谷中銀座へ向かいます。
IMG_4977.jpg
IMG_4975.jpg
IMG_4982.jpg
肉のサトーで谷中メンチを購入し、隣の越後屋でビール購入し、
店の前の酒ケースに座る。
至福の時間が過ぎていきます。
IMG_4984.jpg
IMG_4987T.jpg
IMG_4985M.jpg
その後、根津神社、不忍池を経由して上野駅に戻りました。
IMG_4988.jpg
IMG_4996.jpg
帰りは奮発して普通グリーンです。
今回の伊藤園の勝敗は引き分けですね。
価格からすれば大満足ですが、内容を考えるとやはり引き分け
かな。
nice!(0)  コメント(2) 

奥鬼怒温泉郷・加仁湯 [温泉]

温泉大好きオヤジ達と奥鬼怒温泉郷にある加仁湯へ行って来
ました。
加仁湯へは、女夫淵から鬼怒川沿いに70分程度歩くか、宿の
送迎バスで奥鬼怒スーパー林道を行くしか方法がありません。
まあまあ元気な私達は、往路徒歩を選択しました。
女夫淵近くの酒店で、宿での夕食前宴会(ウエルカムビール)
のオツマミを購入しました。
IMG_4580.jpg
この時 焼酎赤霧島も購入しましたが、宿の自販機で購入したビ
ールの売れ行きが良かったため、封を切らずそのままお持ち帰
りになりました。(重かったのは私のザックです)
女夫淵の駐車場へクルマを停め遊歩道を加仁湯へ向かいます。
まず女夫淵橋を渡り、右側の階段を登ります。
IMG_4582.jpg
IMG_4583.jpg
IMG_4585.jpg
乙姫橋までは結構なアップダウンがありますが、乙姫橋を渡ると
川沿いの平坦な遊歩道になります。
IMG_4589.jpg
IMG_4593.jpg
IMG_4594.jpg
IMG_4599.jpg
以前来た時 (25年くらい前)は、女夫淵の駐車場から直接川沿
いの遊歩道へ行けたような記憶があります。
途中いくつもの橋を渡り、岩の間から枯葉とともに水が流れ落ち
るコザ池の滝等もあり、初冬の雰囲気満点です。
しかし当日は気温が異常に高く、途中で上着を2枚も脱いでしま
いました。
IMG_4601.jpg
IMG_4610.jpg
IMG_4614.jpg
IMG_4615.jpg
IMG_4616.jpg
IMG_4617.jpg
IMG_4619.jpg
IMG_4622.jpg
IMG_4624.jpg
IMG_4627.jpg
IMG_4630.jpg
加仁湯前にある八丁の湯です。
(標高 1304m)
IMG_4637.jpg
目的地の加仁湯です。
標高 1340m、女夫淵の標高が1120mなので、220m登って
来た事になります。
IMG_4643.jpg
案内図では、70分程度の歩行とありましたが、撮影しながらの
ユックリ歩行だったため、90分程度掛かってしまいました。
加仁湯の由来はやはり蟹だったようです。
IMG_4739.jpg
早速部屋でウエルカムBを頂き、少し落ち着いてから加仁湯の
温泉を楽しみました。
IMG_4708.jpg
IMG_4695.jpg
IMG_4699.jpg
IMG_4688.jpg
IMG_4692.jpg
IMG_4656M.jpg
加仁湯には沢山の湯船があり、透明の湯と白濁の湯があります
が、私は白濁の湯が好きです。
湯船から鬼怒川越しに見える柱状節理
IMG_4680.jpg
大部屋での夕食前に先ず乾杯です。
IMG_4652.jpg
結構料理が多く、そして酒も旨く、満足満足です。
IMG_4655.jpg
夕食の後、暫しの休憩とハーゲンダッツです。
IMG_4669.jpg
IMG_4674.jpg
翌日も晴天です。
先ずは朝食です。
IMG_4679.jpg
IMG_4678.jpg
復路は折角なので送迎バス利用として、バスの出発時間前に
日光沢の温泉を楽しむ事にしました。
日光沢は加仁湯から徒歩10分程度であるため、タオルのみを
持って日光沢温泉訪問です。(標高 1340m)
IMG_4722.jpg
日光沢温泉にも透明と白濁の湯があり、どちらも良質な温泉で
す。
IMG_4730.jpg
IMG_4731.jpg
初の送迎バスで奥鬼怒スーパー林道を女夫淵へ向かいました。
IMG_4746.jpg
「栃木名湯・湯めぐり三昧」というイベントで、加仁湯へ宿泊した
翌日は、塩原・明賀屋の温泉へ半額で入れるとの事なので、次
の目的地は塩原・明賀屋にしました。
明賀屋の温泉は雑誌等で紹介されておりますが 日帰り入浴料
が通常2200円のため今まで敬遠していた (行きたかったが高
価なため遠慮していた)温泉です。
途中昼食の時間になったため、三依の蕎麦街道にある 古代村
で新蕎麦を頂きます。
IMG_4752.jpg
IMG_4754.jpg
IMG_4750.jpg
明賀屋到着
IMG_4777.jpg
鉄筋の建物から出て長い階段を下ると川沿いの露天風呂です。
IMG_4775.jpg
IMG_4766.jpg
ここの温泉も想像どおりの良質な温泉で大満足です。
今回の加仁湯行は、歩行中の短時間小雨&霧雨に遭遇しまし
たが、相対的にみて天気が良く楽しい温泉行きとなりました。
次の温泉行きは雪見露天風呂かな・・・!!!

nice!(1)  コメント(2) 

茨城空港から南の島へ [ぶら散人]

茨城空港から那覇空港までの格安航空券を入手出来たため、
以前から行きたかった渡嘉敷島へ行ってきました。
沖縄までの直行便は、行きが茨城空港19:00発のSKY539
便で、帰りの便は那覇空港7:25発のSKY530便だけなので、
最低でも2泊3日の日程が必要です。
宿泊は、ゆいレール美栄橋駅近くのビジネスホテルを予約しま
した。
出発1時間前に空港に着くと、ターミナルビル近くの駐車場が
空いていたため、小雨の天気に好都合です。
IMG_3954.jpg
空港ビルに入り、自動チェックイン機でクレジットカードを使用し
たチェックインを行い、2Fに上がり休憩スペースで出発30分前
までBを頂きました。
IMG_3961.jpg
IMG_3962.jpg
IMG_3958.jpg
18:30になったので、1Fの保安検査場を通過し搭乗待合室へ
と移動しました。
IMG_3967.jpg
IMG_3972.jpg
成田空港だったら出発の2時間前までに駐車場着き、LCC専用
の第3ターミナルの場合、第2ターミナルから第3ターミナルへ連
絡バス又は徒歩で移動し、保安検査に15分程要し、それから出
発ロビーまで延々歩かなければなりません。
茨城空港なら駐車場から搭乗待合室まで15分あればゆっくり移
動出来ます。
小雨なのでレンタル傘を使いタラップまで歩き搭乗します。
IMG_3973.jpg
スカイマークは、ジェットスター等のLCCより足元に余裕がありま
す。
IMG_3982.jpg
シートはレカロです。
IMG_4314.jpg
今回の便にはコーヒーとチョコレートのサービスがありました。
IMG_3989.jpg
IMG_3986.jpg
那覇空港到着後ゆいレールで予約したビジネスホテルへ直行し、
その後6月にも訪れた格安居酒屋へ向かいました。
「ぼんじりや一銀通店」です。
早速いつでも一杯100円の生ビール(中)を頂きました。
ツマミは、名物チリトリ鍋とそーめんチャンプルです。
IMG_3998.jpg
IMG_4005.jpg
IMG_4008.jpg
ビール数杯と泡盛を頂き、外へ出ると店の明かりは消えており
ます。
その後ホテルに戻り、朝まで爆睡です。

渡嘉敷島へ行くフェリー乗り場はホテルから1kmくらいの距離の
ため、徒歩で向かいました。
IMG_4013.jpg
天気は晴れ!絶好の島日和です。
フェリー乗り場「とまりん」で往復切符を購入します。
IMG_4025.jpg
IMG_4027.jpg
IMG_4028.jpg
IMG_4031.jpg
しばし、沖縄本島から離れます。
IMG_4046.jpg
空は青く、海も青く、秋とは思えない太陽が輝いております。
IMG_4039.jpg
IMG_4043.jpg
IMG_4052.jpg
IMG_4064.jpg
乗客達は、渡嘉敷島まで70分間を船室ばかりではなく、デッキ
各所で海と太陽と風を楽しんでおります。
IMG_4058.jpg
IMG_4062.jpg
IMG_4057.jpg
渡嘉敷港へ到着です。
IMG_4093.jpg
IMG_4095.jpg
渡嘉敷島は慶良間諸島にあり、南北約10kmの島で、住所は
沖縄県島尻郡渡嘉敷村です。
早速予約していた、レンタバイクをアロハレンタ企画で借ります。
村発行の渡嘉敷島案内パンフレットの一番初めに記載されてい
たレンタ会社なのに、社屋は小屋のイメージです。
IMG_4097.jpg
先客は関西からのお姉さん4人組で、派手な外観、荒い関西弁
で圧倒されてしまいました。
お姉さん達が軽四輪で出発した後、バイクを借ります。
貸出バイクは5台のみで、「返還時店に誰もいなければ鍵を付
けたまま停めておいて下さい」とのこと・・・予約した時大きなサ
イズのヘルメットがあると行っていたのに、大きなサイズですよ
と言って渡されたヘルメットのサイズはF(フリー)、大きなサイズ
ではありません。
アバウトな対応は島の標準と思い、少々キツイヘルメットを被り
島一周に出発しました。
先ずは島の北方面へ向かいます。
国立沖縄青少年交流の家の敷地内を走り、東展望台を目指し
ます。
途中に集団自決跡地があり、思わずバイクを停め手を合わせ
ました。
IMG_4102.jpg
東展望台で景色を楽しんでいると、バイクへ二人乗りしたお姉
さん達が現れ、「こんにちは」と声を掛けてきたので、「何処から
来たの?」と尋ねると、「????」
日本人ではないなと思い、「Where come from?」と尋ねると、
カタコトの日本語で「台湾です」と答えてきた。少し日本語も話
せるようなので、簡単な日本語で台湾&沖縄の事を話しました。
当然英語も話せるそうです。台湾の若者は凄いですね!
IMG_4106.jpg
島のいたる所にハブ避けのゲートがあります。
通過時手動で開け、通過後閉めます。
IMG_4109.jpg
慶良間諸島を眺めながら、渡嘉志久へ向かいます。
IMG_4111.jpg
IMG_4115.jpg
IMG_4119.jpg
渡嘉志久の湾は素晴らしく綺麗です。
IMG_4122.jpg
まるでハワイのハナウマベイのようです。
IMG_4128.jpg
泳いでいる人も数人しかおらず、全く素晴らしいの一言です。
IMG_4135.jpg
波打ち際には沢山の珊瑚礁が打ち上げられております。
IMG_4137.jpg
しかし、ここにも太平洋戦争の史跡とハブ注意の看板があります。
IMG_4145.jpg
IMG_4125.jpg
IMG_4146.jpg
阿波連を通過し、島の南端を目指します。
何も無い、そして自然一杯の南端です。
IMG_4165.jpg
IMG_4172.jpg
IMG_4171.jpg
お腹が空いてきたので、阿波連まで戻り、沖縄そばを頂きます。
ここの沖縄そばは、今まで食べたの中で一番旨かった・・・
IMG_4187.jpg
IMG_4186.jpg
一番観光客が居た阿波連の浜辺
IMG_4156.jpg
IMG_4164.jpg
ビーチの脇にある阿波連小学校
IMG_4192.jpg
阿波連から南へ戻り、久比里原林道、渡嘉敷林道を経由して
渡嘉敷へ戻りました。
IMG_4205.jpg
IMG_4206.jpg
IMG_4214.jpg
IMG_4219.jpg
渡嘉敷には渡嘉敷村役場があります。
IMG_4098.jpg
臨時職員の募集もあるようです。
IMG_4191.jpg
役場の横にあるJAショップとかしきでBを購入し、レンタバイク
を返却すると直ぐブシューです。
IMG_4231.jpg
IMG_4237.jpg
帰りのフェリーでは、遊び疲れているせいか皆元気がなく、私も
殆ど寝ておりました。
とまりんからホテルへ戻り、シャワーを浴びて暫し休憩です。
日が暮れてきたので、ゆいレールで栄町市場へ向かいます。
6月に訪れた時気になっていた「栄町ボトルネック」で泡盛と炙
りチャーシューを頂きます。
IMG_4255.jpg
IMG_4248.jpg
IMG_4252.jpg
IMG_4253.jpg
沖縄の豚肉は旨いですね!
折角なので、国際通りを徘徊しました。
IMG_4273.jpg
途中にトゥクトゥク(TUKTUK)が停車しています。
IMG_4278.jpg
IMG_4279.jpg
IMG_4275.jpg
東南アジアの雰囲気です。
店先にラビットも停っています。
IMG_4271.jpg
カプセルホテルを見つけました。
IMG_4261.jpg
ここをベースにすればもっと格安の旅が楽しめそうです。
外国からの観光客と思われるお姉さんは、大量のカップラーメ
ンを購入した様子。
IMG_4282.jpg
県庁前まで歩いて来たので、ぼんじりや本店へご挨拶です。
IMG_4298.jpg
先ずはビール!テーブルにある団扇は、栄町ボトルネックで頂
いた団扇です。
IMG_4291.jpg
エアコンが無い店のため、店にある団扇を使っていて、返そうと
したら「持って行って」と渡されました。
冷やしトマト、ゴーヤチャンプル、ビール5~6杯を頂いて、会計
は1540円、沖縄安スー!
IMG_4293.jpg
IMG_4295.jpg

帰りの便は7:25那覇空港発のため、美栄橋駅6:01発の始発
で空港へ向かいます。
IMG_4299.jpg
早い時間にもかかわらず那覇空港には沢山の人がおります。
ボーディングブリッジを使い搭乗します。
IMG_4303.jpg
IMG_4304.jpg
IMG_4313.jpg
さらば沖縄です~自衛隊共用の空港であるため滑走路から自
衛隊機が見えます。
IMG_4319.jpg
IMG_4328.jpg
帰りの便でもコーヒーが出ました。
IMG_4341.jpg
富士山です。
IMG_4377.jpg
茂木の鎌倉山周辺
IMG_4395.jpg
ロックヒルGC、セブンレイクスCC周辺
IMG_4407.jpg
御前山の橋とサニーフィールドGC
IMG_4412.jpg
城里にある高速試験場
IMG_4417.jpg
ソーラーで覆い尽くされたゴルフ場
IMG_4420.jpg
霞ヶ浦上空近くで旋回して茨城空港へ着陸です。
IMG_4433.jpg
IMG_4437.jpg
IMG_4440.jpg
預けた荷物が無いため着陸後10分で駐車場です。
IMG_4445.jpg
早起きが大変でしたが、今回も楽しい旅でした。
nice!(0)  コメント(0) 
前の7件 | -