So-net無料ブログ作成

水戸藩カブ・チャレンジ1000(1000km/day)参加 [バイク]

毎年恒例の水戸藩カブチャレンジ1000に参加しました。
チャレンジ1000は、ホンダのスーパーカブで、24時間以内に
約1000kmを走る事を目標とするイベントです。
00時00分にツインリンクもてぎの南ゲート前を出発して、決め
られたコースを走り、24時間以内に再びツインリンクもてぎの北
ゲート前へ戻ります。
何年か前に作った防水のコース図です。
IMG_7565.jpg
参加車両は、以前はカブであれば車種は何でも良かったのです
が、今年からレギュレーションが厳しくなり、OHVのC100系カブ
のみが参加可能となりました。
(C100系カブは、全て製造後50年以上経過しているポンコツカ
ブです)
チャレンジ1000へは、C50改80ccで何回か参加しております
が、C100での参加は、1991年の第一回目(この時はただ10
00kmをカブで走るというイベントでした)以来です。
1991年の時はC105のピストン(55cc)に変えただけで、他の
整備は全く行わず、出たとこ勝負の走行でした。リタイヤが続出
して、修理等に付き合ったこともあり、完走するのに44時間も掛
かってしまいました。
今回のカブは、数年前にC100系カブでの初24時間切りを目指
して、スポカブのIさんに完璧整備をお願いした車両(62cc)です。
しかし、その年は仕事の都合で参加できませんでした。
するとその年に、何人かがC100系カブでの24時間切りを達成し
てしまい、急にやる気が無くなり、チャレンジ1000・休みの年が
続きました。
今年はレギュレーションが変わり、C100系カブのみ参加となった
為、26年ぶりにC100での参加となりました。
Iさんに事前整備をお願いして、万全を期して本番に臨みました。
今回参加のために、少々カッコ悪くなってしまいましたが、荷物入
れ、補助灯等を追加しました。
しかし、イベントへの参加は楽しいものです。
参加を決めた時からイベントは始まっており、持参品の準備・コー
ス確認と1月以上楽しめました。
出発当日の昼間です。
IMG_7558.jpg
9時30分頃御前山の星ふるさとに着くと大勢の参加者が待機し
ております。
IMG_7571.jpg
ここで早速我がC100改の整備が始まりました。
御前山までの途中右前のウインカーが点きません。
早速E整備士に見てもらいアースへの接触不良が分かりました。
5分で修理完了です。
スタートの1時間30分くらい前になると、参加者はツインリンク
もてぎ南ゲート前へ移動します。
南ゲート前でBOSS阿久津さんのヘッドライトが点灯しない事が
判明し、そこで急遽修理開始です。
IMG_7581.jpg
出発前の記念写真を撮り、スタート準備です。
スタート前.jpg
IMG_7580.jpg
IMG_1678.jpg
カウントダウンを行い、00時00分一斉にスタートします。
私のチャレンジ1000最大の弱点は、ツインリンクもてぎから5
0号(下館)までの道順が良く分からない事です~なので必死に
皆について走りました。
50号に出れば、後の970km位は大体分かります!?!?!
一回目の給油は藤岡です。
普通に食事を取ると眠くなるので、空腹にならない程度に菓子
等を食べながら走ります。
給油時は、絶好の休憩時間です。
今回の菓子は小さなあんドーナツを用意し、レッグシールドの
中に吊るしたペットボトル入れに小分けしました。
給油ごとにあんドーナツ一つを食べ、水分を補給を行います。
以前の経験から最低8回の給油が必要なため、8回の休憩が
取れます。
伊勢崎付近で心配していた雨が降り出しました。
雨用手袋を忘れてしまったため、コンビニでイボ付き軍手を購
入しカッパ装着となりました。
2回目の給油は安中です。ここでもあんドーナツ一つと飲料水
を補給しました。
碓氷峠は、以前旧道ばかりを走行しておりましたが、今回Uち
ゃんのアドバイスで初めてバイパスを走行しました。すると、思
いがけない走行のしやすさに驚きでした。
(碓氷峠バイパスは登坂車線が広く、速いクルマの走行は我々
のポンコツカブ集団へ一切影響をおよぼしませんでした)
軽井沢付近から明るくなり18号を左折する大屋の交差点を目
指します。
すると大屋の交差点から数キロ手前で、我がバイクに停車す
るよう手を振っている人がおります。
路肩に停車すると、「ここを曲がると松本へ真っ直ぐ行けます」
とのお言葉と一緒に缶コーヒーを頂きました。
支援者の言葉を信用し、上田信用金庫とうみ支店の角(常田)
を左折すると沢山の仲間が休んでおりました。
そこで私も頂いた缶コーヒーを飲む事にしました。
先発する仲間を見送り、後から三才山峠を目指します。
長い上り坂を2速40km/hrで上り、三才山トンネルをぬけると
直ぐ松本トンネルです。
原付バイクは50円+30円で二つのトンネルを抜けられます。
トンネル直後のガソリンスタンドで3回目の給油です。
給油後エンジンオイルを点検すると、全く減っておりません。
ここからが絶景の安房峠越えです。
安房峠道路(トンネル)は原付バイク走行禁止のため、昔なが
らの安房峠越えに挑みます。
我がバイクは、高速巡航を優先させフロントスプロケット16T
にしてあるため、平坦路では安全なエンジン回転数での3速
60km/hr定速走行が可能ですが、急坂ではギア比が合わず
苦戦します。
安房トンネルから上は勾配がきつくなり2速走行が出来ません。
1速に下すと歩くような速度になってしまいます。仲間のバイク
に抜かれながらやっと峠のテッペンへたどり着けました。
IMG_7595.jpg
そこで松本のガソリンスタンドでも一緒だったガールズバイカー
の編集長の原田さんに再び会いました。
原田さんは、取材を兼ねて特別クロスカブで参加しており、写
真を撮りあった後先発して行きました。
IMG_7587.jpg
私は、少し休んでから安房峠を下ります。
ダウンヒルは我がハイギアードC100の独壇場です。
結構な速度で高山まで下りそこからは、単調な41号が待って
おります。
カミオカンデがある神岡で4回目の給油です。
IMG_7601.jpg
IMG_7599.jpg
例年猛暑の富山通過に備え、そこでカッパを脱ぎました。
しかし、そこから30分も走らないうちに雨に会ってしまい、また
カッパ装着となりました。
例年に比べ比較的涼しい富山市内を抜け8号線を少し北上す
ると、また暑くなってきたので路肩でカッパを脱いでおりました。
IMG_7604M.jpg
するとそこへ原田編集長他を従えたBOSS阿久津さんの御一
行がやってきました。
一言二言会話を交わし、BOSS阿久津さん御一行は先へ進ん
でいきました。
時間は12時、あと12時間以内でゴールしなければなりません。
各区間の距離と必要時間を考えるとユックリ休んではいられま
せん~早々に出発しました。
毎回8号線沿線にも支援者がおり、今回も大声援をおくって頂
きました。ありがとうございます!
暑くない日本海沿いは最高の景色です。
いつもの展望台付近に停車し記念写真を撮影した後、直ぐ出発
です。
IMG_7607.jpg
5回目の給油は、糸魚川です。
大火災の跡を横目に見ながらまたまた先を急ぎます。
しかし、先ほどの給油時に失敗を犯してしまいました。
お腹が空いていた為、あんドーナツを3つ食べてしまいました。
すると次に来るのは睡魔です。
堀之内までの253号線は睡魔との戦いでした。
堀之内で6回目の給油です。
このペースで走れば、六十里越えは明るいうちに通過できそう
です。
入広瀬付近にまたまた支援者おり、栄養剤を頂きました。
「16番目の通過です」との声を聞き、予想より遅れているため
更なるペースアップを図りました。
熊が出そうな道を1人ハイペースで進みます。
ゴール後聞いた話では、私の遥か前を走っていたSさんの後を
子熊が追いかけていたとの事・・・怖い怖い!
会津坂下近くになるとすっかり日も落ち、夜間走行となりました。
会津坂下で7回目の給油です。
49号から茨城街道へ右折します。
茨城街道に入るとまた雨が降り出し、3回目のカッパ装着です。
昼間結構走っている道ですが雨の夜は雰囲気が全く変わって
しまい、何処を走っているのかよくわかりません。
とりあえず4号線を目指します。
豪雨の中やっと4号線にたどり着き、白河で8回目(最後)の給
油を行います。
白河のスタンドを出た時間は、22時ちょうど・・・ここから休まず
に走れば24時前にツインリンクもてぎ北ゲートに到着できるは
ずです。
バイクのエンジンは益々快調なため、ここからはチョット無理を
した走りで茂木を目指します。
最後の294号は勝手知ったる道です。
茂木市内に23時30分前に入ることが出来、123号のツインリ
ンク北ゲート入口を23時42分通過できました。
北ゲート前には沢山のカブがたむろしております。
我がカブがそこへ到着すると、Oさんが駆け寄り、時計を見なが
ら「23時44分到着です」と完走を告げて頂きました。
志から数年が経過してしまいましたが、目標達成の瞬間です!
チャレンジ1000は何の賞典もありませんが、この目標達成は
競技会の優勝に匹敵すると思われます。24時を過ぎた段階で、
既コール者(完走者)は解散となりました。
多くの人はトランスポーターがある星ふる里へ戻りましたが、私
はここから自宅まで約30km、1人走行です。
注意しながら自宅近くまで戻り、コンビニで少しの食料を購入し
ました。
先ず風呂に入ってから休もうと思い、風呂に点火し風呂前に3
50mlの缶ビールを一口飲んだ瞬間爆睡状態になってしまい、
気付いたら周りが明るくなっておりました。
客観的に見ると無謀なイベントと思えるかも知れませんが、これ
に参加するために数ヶ月前から準備し本気で本番に臨む・・・無
事完走が目的・・・自分だけのパリダカ(耐久レース)です。
そして、楽しいイベントを企画してくれた水戸藩カブのBOSS阿
久津さんに感謝です!

【燃料給油】
1 栃木県藤岡市大和田    01:40   2.50リッター    330円
2 群馬県安中市安中      03:49   1.34リッター    182円
3 長野県松本市          06:37   2.05リッター     289円
4 岐阜県飛騨市神岡町     10:02   2.35リッター    338円
5 新潟県糸魚川市梶屋敷  13;55   2.50リッター    353円
6 新潟県魚沼市堀之内    16:45   2.03リッター    288円
7 福島県会津坂下町新舘   19:38   2.70リッター    378円
8 福島県白河市転坂      21:54   1.65リッター    224円
                           17.12リッター   2382円 
翌日のC100です。
酷く汚れましたが、全くオイル漏れもおこさずIさんの整備に感謝
感謝です。
IMG_7623M.jpg 
IMG_7625.jpg
IMG_7618.jpg
IMG_7619.jpg
IMG_7621.jpg
nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

TY-125

凄い、すごいの一言にすぎます。体力、気力、共にすばらしいです。

by TY-125 (2017-08-04 12:23) 

stonehair

 久しぶりのチャレンジ1000キロ、24時間以内に完走おめでとうございます、今年は、涼しかったですね。雨が降らなければもっと快適でした。1000キロを走り切ったエンジン、ちょっと点検したい部分と、きになるところもあるので、後日見せてください。
by stonehair (2017-08-05 20:13) 

Sanjin

Stonehairさん、ありがとうございます。前半抑えて走ったのと、完璧な整備で無事完走することができました。
帰宅後、掃除をしただけで保管してありますので、是非使用後の点検をお願いします。よろしくお願いします!

by Sanjin (2017-08-14 10:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。